無料のクラウドサービスで写真保管をするメリット

外部に専用の保管スペースが設けられる

無料のクラウドサービスを活用すれば、いわゆるローカル以外に専用の保管スペースが作れます。スマホやタブレット端末で普段から写真撮影をすると、大量の写真データが手元に溜まります。空き容量が不足するとアプリの追加や新しい写真や動画が撮影が出来ません。無料のクラウドを使えば、利用頻度の低い写真データをそちらに移動する事で簡単に空き容量が確保できます。

無料のクラウドなら月額料金や会員登録費なども基本的に不要ですので、誰でも気軽に利用可能です。スマホやタブレット端末は勿論、パソコンのブラウザでも使えるので、目的とシチュエーションに合わせて機器を使い分けられます。特にローカルストレージの容量が元々少ないエントリーモデルの端末を利用する方々にとってクラウドストレージは恩恵が大きく、そちらをメインの写真保管場所にすればローカルの空き容量を多く維持していけます。

撮影した写真データの一元管理が簡単に実現

一人のユーザーが複数の電子機器を所有する事が増えてきました。スマホやタブレット端末、ノートパソコンやデジカメ等、ごく普通の一般消費者でも身の回りに、こういった製品がある時代です。それぞれの製品のローカルストレージに、大量の写真データが保管されていると、管理が難しくなります。撮影した本人さえも、あの時の旅行の写真は一体どこに保管されているのだ、と困ってしまう可能性大です。各端末で保管していた写真を無料のクラウドストレージに集約すれば、データの一元管理が実現します。クラウド内でもフォルダ作成、フォルダ分けは簡単に行えますので、アップロードした写真がごちゃごちゃになる心配はなく、写真のジャンルや保管目的に応じて上手く分類可能です。

Back To Top