パソコンで写真保管をするリスクに対する対策は?

CDやDVD、BDなどを活用

パソコンに写真を保管する場合、パソコン本体が壊れるなどして大切な写真を失うのは悲しいことです。そのため、様々なメディアにバックアップを取っておくのは有用な方法といえるでしょう。その点で比較的簡単にできるのが、CDやDVD、BD(ブルーレイディスク)などに保管する方法です。特にCD-R、DVD-R、BD-Rとメディア名の後に「-R」と書かれたものは、書き込んだ後に消去したり書き換えたりすることができず、読み取り専用となるため、大事な写真を保管するのに良い手段です。なお、パソコンにCDやDVDドライブが付いていない場合は、USBメモリに保管する方法も考えられます。CDやDVDなどと違って使用頻度などにより寿命が短くなる場合もあるので、比較的短期間の保管に向いている方法です。

外付けのハードディスクやオンラインのストレージサービス

パソコンで写真保管するのに有用な別の方法は、外付けハードディスクを活用することです。以前と違い、ハードディスクの価格は安くなっているので購入する場合もさほど負担ではありませんし、大容量の写真データを保管するのに適しています。パソコンのハードディスクと同様、破損のリスクもありますが、衝撃に気を付けるなど扱いに注意すれば、同時に2つのデータが破損することは考えにくいといえます。 パソコンの破損だけでなく、盗難や災害などにあっても写真を失わない方法として有用なのが、オンラインのストレージサービスです。インターネット上の保管場所に保存できる仕組みで、比較的大容量を無料で提供するサービスも増えてきましたし、データの管理をプロに任せられる点がメリットです。

Back To Top