パソコンで写真保管をする利点

たくさんの機器で写真が撮れるようになった

携帯やスマホなど、カメラ以外でもたくさんの機器で写真が撮れるようになりました。ちょっといい景色を見掛けたり、外食で綺麗な料理が出て来たら写真に撮ろうと思う人も多いと思います。しかし高精度の写真というものは容量も大きくなってしまうため、そのままスマホなりに入れておくとストレージを圧迫してしまいます。クラウドなどネット上に保管するサービスもありますが、どうしても容量に制限があるためずっと使い続けるのは難しいのです。

そこで使いたい方法が、写真をパソコンに移して保管するという方法です。スマホからパソコンへは、ネットを介しても良いですしケーブルから直接コピーしても構いません。コピーしたらスマホ上のデータを消せば、またたくさんスマホにも保存できるようになります。

写真データの保管や管理にパソコンは便利

パソコンで写真を保管するメリットはいくつかありますが、第一に挙げられるのは整理のしやすさでしょう。通常、パソコン上のデータはフォルダ分けして保存されます。そのフォルダに名前を付けて、種類ごとに保管しておけば後から見返す時にもすぐに探し出せるのです。切り分け方は日付でもいいですし、「風景」や「料理」などのジャンル分けをしても面白いかもしれません。

また、パソコン上なら大画面で写真を閲覧できるので、見る環境としてもスマホより優れています。重複してしまっていらない写真の削除なども簡単なため、写真の整理にも向いているのです。そして大事な写真を確実に保管しておきたい場合は、DVDなどのメディアに焼いてしまえば安心です。こういった使い方ができるので、写真の保管はパソコンが向いているのです。

Back To Top